会社概要 プレスリリース

2020年09月23日 icon_new

弥生とりそな銀行、参照系API公式連携を開始

弥生株式会社(本社: 東京都千代田区、代表者: 岡本 浩一郎)と、りそな銀行(本店: 大阪府大阪市、代表者: 岩永 省一)、埼玉りそな銀行(本店: 埼玉県さいたま市、代表者: 福岡 聡)、関西みらい銀行(本店: 大阪府大阪市、代表者: 菅 哲哉)は、弥生が提供する口座連携機能と、りそなグループが提供する参照系APIとの公式連携を開始しました※1
20200923_02_修正.jpg
今回の連携により、りそなグループに口座を持ち、弥生会計ラインアップ※2をご利用のお客さまは、弥生の口座連携機能上で、りそなグループの預金残高や取引明細を正確かつ安全に取得できます。りそなグループのログインIDやパスワードを弥生会計ラインアップに保存することなく、都度入力も不要で、これまで以上に効率の良い会計業務を行うことが可能になります。なお、今回の連携は法人口座※3のみとなります。
 
※1 りそなグループのみなと銀行については関西みらいフィナンシャルグループ設立に伴うシステム統合後、API連携を予定しています
※2 弥生シリーズのクラウドアプリケーション(弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン、やよいの白色申告 オンライン)とデスクトップアプリケーション(弥生会計 20、やよいの青色申告 20)を指します。なお、デスクトップアプリケーションをご利用のお客さまが「口座連携機能(スマート取引取込)」をご使用になる場合、あんしん保守サポートにご加入いただく必要があります
※3 りそなグループ3行の法人向けインターネットバンキングをご利用の法人・個人事業主の方が対象です
 

弥生の口座連携機能とは

銀行明細(法人口座)やクレジットカード、電子マネーなどの取引データを、クラウド上で仕訳データに自動で変換し、ご利用の弥生会計ラインアップの各製品に取り込みます。口座連携機能は、Windows対応のインストール版と、Windows/Mac対応のクラウド版があります。詳細は、https://www.yayoi-kk.co.jp/smart/torihikitorikomi/ をご覧ください。

 

 

お問い合わせ

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら