2021/11/29更新 インストール型の会計ソフトについて解説!クラウド型との違いは?

会計業務を効率化する上で、会計ソフトは必要不可欠な存在です。企業規模を問わず、多くの会社では会計ソフトを導入し、会計作業の自動化やヒューマンエラーの削減を実現しています。
会計ソフトには、パソコンにソフトをインストールして使う「インストール型」(デスクトップアプリ)と、インターネット上でサービスにアクセスする「クラウド型」(クラウドアプリ)の2種類があります。ここでは、インストール型会計ソフトの特徴と、そのメリット・デメリットについて解説します。

インストール型会計ソフトとは?

インストール型の会計ソフトは、その名のとおりパソコンにソフトをインストールして使用するもので、「デスクトップアプリ」「パッケージ型」とも呼ばれています。
クラウド型会計ソフト(クラウド会計ソフト)が登場する前から存在し、広く使われてきました。クラウド型会計ソフトの普及率が上がってきた現在においても、長年の実績による信頼感などから安定した人気を保っています。導入の際は、店頭やダウンロードなどでソフトを購入し、パソコンにインストールしてから使用します。

パソコンにインストール

インストール型会計ソフトのメリット

インストール型会計ソフトには、クラウド型とは異なるさまざまなメリットがあります。そのメリットには、主に下記の3つがあります。

1 オフラインでも利用できる

インターネットに接続しなければ利用できないクラウド型会計ソフトとは異なり、インストール型会計ソフトはインターネット環境に依存しません。ソフトをパソコンにインストールさえしてしまえば、クラウド上にデータを保存するなどの一部の場合を除き、ほとんどの処理はオフラインで行うことができます。インターネット環境がない場所や接続が不安定な場所でも問題なく作業ができるのは、大きなメリットです。

2 動作が安定している

インターネットを介して使用するクラウド型会計ソフトは、インターネットの接続環境によっては入力操作がもたついてしまうことがあります。しかし、インストール型会計ソフトは会計処理がパソコン内で完結でき、大量のデータ入力や読み込みもサクサクとスピーディーに行えるため、動作不良によるストレスを感じることもないでしょう。

3 システムによるトラブルが生じにくい

パソコンにインストールしたソフトを使用するインストール型会計ソフトは、クラウド型と違ってソフトのメンテナンスなどの影響を受けにくいです。システム障害によるトラブルの影響が生じにくいことも大きなメリットです。

インストール型会計ソフトのデメリット

一般的なインストール型会計ソフトには、クラウド型の会計ソフトにはないメリットがある一方で、下記のようなデメリットもあります。

1 バージョンアップなどの対応が必要

会計や税制に関する法令改正があった場合は、その都度会計ソフトをアップデートしなければなりません。インストール型会計ソフトのバージョンアップは、ユーザー側が使用している端末ごとに行う必要があります。バージョンアップをしなくても会計ソフトを使い続けることはできますが、法令の改正などに対応できないため業務に悪影響が出るおそれがあります。

2 利用できるパソコンなどに制約がある

インストール型会計ソフトは、基本的には1ライセンスにつき1つのデバイス(パソコン)にのみインストールが可能です。また、Macに対応しているインストール型会計ソフトは少なく、利用できるOSの多くはWindowsです。ソフトとデバイスの相性に良し悪しが発生する可能性もあるため、導入前にはソフトの推奨環境を確認した方がいいでしょう。
また、会計ソフトをインストールしたパソコンのセキュリティ対策をしっかりと行い、盗難や紛失にも十分注意する必要があります。

3 インストールしているパソコンが故障した場合などは使用できなくなる

万が一使用していたパソコンが故障してしまうと、会計ソフトを使うことができません。その場合は、別のパソコンに新しくソフトをインストールし直すことになります。
また、入力したデータは基本的にパソコン内に保存されるため、そのパソコンのデータが破損すると、それまでの会計データが失われてしまいます。突然の故障や自然災害などの予期せぬトラブルに備え、外部の記録メディアなどにバックアップを取っておく必要があります。

弥生のインストール型会計ソフトの特長

インストール型会計ソフト「弥生会計 22」には、さまざまな会計業務を効率化する機能を備えています。インストール型会計ソフトのデメリットをカバーする機能があることも、「弥生会計 22」の特長です。

確かな実績とシェアが裏付ける信頼性 さまざまなニーズに対応する充実の機能 クラウド型のメリットを取り入れたハイブリッド型会計ソフト 最新ソフトへのアップデートにも対応 テレワークでも使いやすい 多数の税理士・会計事務所が推奨

確かな実績とシェアが裏付ける信頼性

会計ソフト「弥生シリーズ」が誕生したのは、1987年。これまでの長い歴史の中で、多くのユーザーの要望を取り入れながら改善を繰り返し、進化を続けてきました。
インストール型会計ソフト「弥生会計 22」は売上実績No.1、圧倒的なシェアと高い顧客満足度を獲得しています。

さまざまなニーズに対応する充実の機能

経理の初心者かベテランかで、会計ソフトへのニーズも異なるものです。例えば、会計ソフトの機能である取引入力においても、「弥生会計 22」なら、取引の種類を選んで日付と金額を入れるだけの「かんたん取引入力」と、従来の各種帳簿や伝票での入力があり、スキルや好みに合わせて記帳方法を選べます。
資金繰り資料の確認や経営分析、予算管理など、より高度な会計業務にも対応。日々の記帳から集計・決算までがスムーズにできるスタンダード版のほか、部門管理や経営分析にも使える多機能な「プロフェッショナル」、3台以上のネットワーク環境で使える「ネットワーク」と、ニーズに合わせたラインナップをご用意しています。

クラウド型のメリットを取り入れたハイブリッド型会計ソフト

所定のサポートプランに加入することで、取引データをクラウドに保存できるようになります。クラウド上でデータのバックアップをしておけば、突然パソコンが故障したとしても、それまでのデータが消えてしまう事態を避けられます。
また、クラウドを経由して、顧問税理士や会計事務所と取引データを共有することも可能です。データの受け渡しの手間がなくなるだけでなく、常に最新データでアドバイスが受けられます。

最新ソフトへのアップデートにも対応

一般的なインストール型会計ソフトのデメリットの1つが、バージョンアップのコストがかかることです。「弥生会計 22」では、購入後も安心して使える年間保守サポート(有償)を実施。サポートプランへの加入で、法令改正や機能改善に合わせた最新のプログラムを無償提供しています。
その他にも、選択するサポートプランによって最大30種類以上のサービスメニューを利用可能。製品の導入や操作方法はもちろん、仕訳や経理業務に関する相談も、業界最大規模のカスタマーセンターに控える専門スタッフが対応します。

テレワークでも使いやすい

1ライセンスにつき1デバイス(パソコン端末)へのインストールが基本となるインストール型会計ソフトは、「テレワークや在宅勤務では使えない」というイメージが強いかもしれません。
しかし、「弥生会計 22」は、同時使用でなければ、1台のみ別のパソコンに追加でインストールすることができます。例えば、会社と自宅のパソコンにそれぞれソフトをインストールして、会社での作業の続きを自宅に帰ってから行うことも可能です。また、普段使用するパソコンとは別に、バックアップのために2台目にインストールするという使い方もできます。

多数の税理士・会計事務所が推奨

多くの税理士・会計事務所との豊富なネットワークも強みの1つです。弥生は、全国の多数の税理士・会計事務所と、業界最大規模のパートナーシップを結んでいます。プロがおすすめする会計ソフトだから、会計の初心者でも安心して利用できるでしょう。
弥生の会計ソフトを導入している税理士・会計事務所も多いので、何か困ったときにも相談がしやすいはずです。

初心者から経理のプロまで使いやすい弥生の会計ソフト

「弥生会計 22」は、インストール型の操作性にクラウド型の利便性を合わせ持つ、ハイブリッドな会計ソフトです。通常使用の場合は、インターネット環境に依存せずに軽快な操作を実現。同時に、クラウド型会計ソフトの特長でもある銀行口座やクレジットカードと連携した自動仕訳や、クラウドでのデータバックアップなどにも対応しています。
インストールも簡単で、設定方法や操作手順を丁寧に解説するガイド機能がついているため、初めてでも迷わずに使い始められるでしょう。簿記の知識に自信がない人から経理のプロまで、好みやスキルに合わせて効率良く会計業務を進めることができます。

この記事をシェアする!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket