法令改正情報

弥生のスキャナ保存制度

弥生なら、コストのかかるタイムスタンプも無償で利用できます。また、作成した電子データはOCR機能で仕訳が自動作成され、弥生会計に取り込むことができます。また、学習機能により同じ取引は同一の科目に自動仕訳されますので、入力ミスも減少します。なお、自動仕訳を行う前に取込前仕訳を確認して、修正することもできます。

弥生でスキャナ保存制度を適用した場合・必要なタイムスタンプはシステムで付与・仕訳は自動作成・電子データの整理の時間も保存コストも不要

※ 弥生株式会社は、「認定タイムスタンプを利用する事業者に関する登録制度」に登録しています。

U00009-001
(登録日2017.7.25)
事業者名:弥生株式会社

その他、スキャナ保存制度を適用するために備えるものすべてが弥生でそろいます。
詳しくは「弥生で始めよう!ペーパーレス経理」をご確認ください

スキャナ保存制度を適用するために備える要件と弥生の対応

スキャナ保存制度を適用するために備える要件

本件に関するお問い合わせ※ 事前に「法令改正情報に関する免責事項」をご確認のうえ、お問合せください。

弥生株式会社 カスタマーセンター

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら