サイト内検索

弥生の製品は無料でお試しできます

弥生、IT導入補助金2023の支援事業者に登録

インボイス制度対応製品の導入に、最大75%の利用補助が適応されます

2023年05月18日

 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:前山貴弘)は、経済産業省・中小企業庁・中小機構の推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金2023)」において、IT導入支援事業者として登録されたことをお知らせします。これにより、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)では、対象製品・サービスの導入費用および最長2年分の利用料が実質75%オフとなり、中小企業のインボイス対応およびデジタル化の推進を後押しします。
 
press_20230518hojokin_main_02.jpg IT導入補助金は、ITツール導入経費の一部を補助することで、日本の中小企業・小規模事業者等の業務効率化や売上向上をサポートする目的で実施されるものです。弥生は「IT導入補助金2023」の支援事業者として登録されました。該当する「弥生会計」をはじめとした会計ソフトウエア、「Misoca」「弥生販売」「記帳代行支援サービス」を導入される際、導入費用および2年分の利用費に対して最大75%の補助を受けることができます。IT導入補助金は過去弥生の提供した初年度無償キャンペーンをご利用いただいたユーザーも活用することができます。制度の詳細は公式サイトをご確認ください。
IT導入補助金2023公式サイト: https://www.it-hojo.jp/
 
 
 加えて、弥生はIT導入補助金の支援事業者として、補助金に関するお問い合わせや補助金申請のサポートにも対応いたします。申請にあたっての手続き、ご相談は、補助金申請の経験とノウハウが豊富な株式会社ライトアップと共同して支援します。業務効率化だけでなくインボイス制度のためITツールの導入が望まれますが、導入経費は大きな負担となっていました。弥生は、IT導入補助金によってツールの導入を後押しし、中小企業・個人事業主のインボイス対応とデジタル化をサポートします。
 
 
【IT導入補助金を活用した製品購入の流れ】
購入にあたっては事前の制度利用申請が必要となります。
詳細な手順は申請ページよりご確認ください。
 
【IT導入補助金対象製品】
補助対象者 対象製品/サービス 補助内容
事業者 弥生会計 オンライン サービス利用料 2年分

弥生会計 スタンダード/プロフェッショナル/プロフェッショナル2ユーザー

導入費用

あんしん保守サポート2年分

Misoca サービス利用料 2年分
弥生販売 スタンダード/プロフェッショナル/プロフェッショナル2ユーザー

導入費用

あんしん保守サポート2年分

会計事務所 記帳代行支援サービス※1 基本料金2年分
 
 IT導入補助金の対象となるのは、補助金採択後に発行される専用URLからの購入のみとなります。
弥生ネットワーク製品は、弥生ビジネスパートナーよりお求めください。
 
 弥生は、お客さまの事業の立ち上げと発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」でありたいと考え、ビジョンとして掲げています。これからも製品やサービス、サポートの提供を通して、スモールビジネス事業者の発展を支え、日本経済の活性化に貢献していきたいと考えています。
 
※1 記帳代行支援サービスは弥生PAP会員専用サービスです
 
 

製品概要

・弥生会計

「弥生会計」は、誰でも使えてかんたん、やさしい定番の会計ソフトです。日々の取引入力から決算書の作成まで、小規模法人・個人事業主に必要な会計業務を行うことができます。銀行明細やクレジットカードの取引データを自動取込・自動仕訳するので入力の手間が省けます。クラウド上にデータを保存でき、顧問の税理士・会計事務所との共有もラクラク。デスクトップ会計ソフトでありながら、クラウドのメリットも享受できるハイブリッドな会計ソフトです。
 
 

弥生会計  オンライン

「弥生会計 オンライン」は、はじめてでもすぐに使える、かんたん、やさしいクラウド会計ソフトです。日々の取引入力から決算書の作成まで、小規模法人に必要な会計業務を行うことができます。銀行明細やクレジットカードの取引データを自動取込・自動仕訳するので入力の手間が省けます。起業直後の方、経理業務に時間をかけられない経営者の方におすすめです。
 
 

Misoca

「Misoca」は、PCやスマートフォンで、かんたんに見積書・請求書・納品書を作成、まとめて管理できるクラウド見積・納品・請求書サービスです。"かんたん"に帳票作成ができて、請求書のメール送信や郵送代行はワンクリック。さらに会計ソフトと連携することで入力の手間を軽減することができます。
 
 

弥生販売

「弥生販売」は、帳票のかんたん発行と売上管理ができるスタンダード製品から、仕入・在庫管理ができる多機能製品のラインアップで幅広い販売管理業務をカバー。弥生会計とのデータ連携で仕訳入力が不要になるので業務を効率化できます。
 
 

記帳代行支援サービス

「記帳代行支援サービス」は会計事務所の記帳代行業務を自動化・効率化するサービスです。紙証憑も弥生がデータ化するので、あらゆる顧問先の記帳代行業務を効率化できます。紙証憑のデータも、インターネットバンキングのデータも、「弥生会計 AE」に直接取り込み、証憑画像の確認もできるので、効率的に仕訳の確認・修正が行えます。本サービスは弥生PAP会員のみお申込みいただけます。
 
 

株式会社ライトアップについて

「全国、全ての中小企業を黒字にする」そのために新しいITサービスを開発・提供している企業です。
 
会社名 株式会社ライトアップ
代表者 白石 崇
設立  2002年4月
所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
URL  https://www.writeup.jp/
 

 

弥生株式会社について

 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、事業者の皆さまが事業を立ち上げ、進め、発展する過程で直面するさまざまな課題にお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業支援サービス」を開発・提供・サポートしています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト7年連続利用シェアNo.1※aデスクトップアプリで23年連続売上実績No.1※bを獲得しており、登録ユーザー数は280万を超えました。「事業支援サービス」は、起業・開業ナビ※c、資金調達ナビ※d、税理士紹介ナビ※e、事業承継ナビ※fなど業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※gの立ち上げを主導するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。

※a 2023年5月2日付プレスリリース:弥生、8年連続で個人事業主向けクラウド会計ソフトシェアNo.1を獲得
※b 2023年1月17日付プレスリリース:弥生のデスクトップアプリ、23年連続で日本国内販売シェアNo.1を達成
※c 2021年3月31日付プレスリリース:「起業・開業ナビ」サービス開始
※d 2021年10月29日付プレスリリース:「資金調達ナビ」サービス開始
※e 2021年12月13日付プレスリリース: 「税理士紹介ナビ」サービス開始
※f 2022年6月29日付プレスリリース: 「事業承継ナビ」サービス開始
※g 立ち上げた2団体。2020年6月「社会的システム・デジタル化研究会」2020年7月「デジタルインボイス推進協議会」 

 

 

お問い合わせ

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら

インフォメーション