2019年10月から消費税10%引きあげと共に、軽減税率制度が始まります2019年10月から消費税10%引きあげと共に、軽減税率制度が始まります

軽減税率制度ってなに

軽減税率とは、一般に適用される税率(標準税率)よりも低く設定される税率をいいます。
この軽減税率が、消費税増税と同時に導入されます。
具体的には、標準税率が8%から10%に引き上げられると同時に、軽減税率8%が導入になります。

軽減税率の対象となる品目は、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行で定期購読される新聞」です。

詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

8%軽減税率対象品目は、飲食料品(精米、野菜、鮮魚、精肉、パン、飲料など、テイクアウト、宅配、持ち帰り弁当など)新聞(週2回以上発行の定期購読分)。一体資産は、おもちゃ付きのお菓子、重箱入りの高級おせち、紅茶とティーカップのギフトセット。10%標準税率対象品目は、外食(レストラン等での食事)、酒類(ビール、ワインなど)、その他(医薬品・医薬部外品、水道水、書籍・雑誌)

軽減税率制度のギモン

私の持っている製品は軽減税率制度に対応してるの?

「弥生 17 シリーズ」以降の製品は対応してます。詳しくは下の表ご確認ください。

対象製品 対応内容
弥生会計 17
やよいの青色申告 17 以降
  • 軽減税率に対応した税区分を追加
弥生販売 17 以降
  • 軽減税率に対応した課税区分を追加
  • 区分記載請求書等保存方式に対応
  • 仕訳連動で軽減税率の税区分に対応
やよいの見積・納品・請求書 17 以降
  • 軽減税率に対応した課税区分を追加
  • 区分記載請求書等保存方式に対応

以下には「弥生 20 シリーズ」で対応いたします。

  • 消費税率10%および軽減税率8%に対応した消費税申告書の印字・出力

軽減税率制度に対応した製品を使うと、具体的にどこが変わるの?

軽減税率に対応した課税区分が追加されます。
さらに、「弥生販売」・「やよいの見積・納品・請求書」の場合、請求書で区分記載請求書を発行できます。

「やよいの青色申告」・「弥生会計」の場合、軽減税率制度に対応した消費税申告書を作成できます。

免税事業者は関係ないってこと?

それは誤解です!免税事業者であっても、取引先から「区分記載請求書等」の発行が求められる可能性があります。そのため、取引先からの問い合わせに対応できるように、仕組みを作っておくことが重要になります。

最新製品「弥生 19 シリーズ」は軽減税率制度、
消費税率10%の引き上げに対応しています

軽減税率制度、消費税率引き上げに対応している「弥生 19 シリーズ」。あんしん保守サポート付きでご購入いただくと、消費税10%・軽減税率8%に対応した消費税申告書を作成できる「弥生 20 シリーズ(仮称)」に加え、次期製品「弥生 21 シリーズ(仮称)」まで無償提供いたします。
今なら有償の「あんしん保守サポート」が初年度優待価格として、最大15か月間無償または特別価格でご加入いただけます。
この機会にあんしん保守サポート付きで最新製品をご購入ください。