会社概要 プレスリリース

2021年06月08日 icon_new

業界最大規模の「弥生PAP」会員数が11,000事務所を突破

6月11日(金)、21日(月)「弥生PAPカンファレンス」オンライン開催
会計事務所への「業務効率化」支援の取り組みを発表
 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、当社が運営する会計事務所向けパートナープログラム「弥生PAP(Professional Advisor Program) 」の会員数が11,000事務所を突破しましたのでお知らせします。
thumbnail.jpg
 「弥生PAP」は、弥生と会計事務所がパートナーシップを組み、中小企業や個人事業主、起業家の発展に寄与するパートナープログラムです。弥生PAP会員やその顧問先に対して、弥生製品の提供を通じた「業務効率化の支援」、会計事務所紹介サービスを通じた「顧問先拡大の支援」、専門家によるセミナーや研修などによる「付加価値提供の支援」を提供しています。
 
 弥生PAPは2000年の発足後、全国で会員数が増加しています。2021年5月には、会計事務所向けのパートナープログラムとして最多※1の11,011事務所に達しました。
 
 6月11日(金)、21日(月)には、『弥生PAPカンファレンス2021』をオンラインで開催します。今回のカンファレンスでは、社会全体のDXに向けた弥生の取り組みと、会計事務所の生産性向上をサポートする「記帳代行支援サービス」※2を中心に、弥生が推し進める会計事務所の業務効率化を支援する取り組みについて発表します。
 
 今後も弥生は、弥生PAP会員とのパートナーシップをより強化し、事業者の発展に寄与していきます。
 
※1 自社調べ(2020年12月)
 
 

弥生PAPについて

2000年2月に「IPAP(Intuit Professional Advisor Program)」として発足、2003年に「弥生PAP」に名称変更しました。弥生PAPの詳細については https://www.yayoi-kk.co.jp/pap をご覧ください。
 
 

弥生PAPカンファレンス2021開催概要

 
*一部地域では6・7月に会場開催を予定。詳細は特設Webサイトをご確認ください。
 
弥生株式会社について
 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、事業者の皆さまが事業を立ち上げ、進め、発展する過程で直面するさまざまな課題にお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業・業務支援サービス」を開発・提供しています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト6年連続利用シェアNo.1※3、デスクトップアプリで22年連続売上実績No.1※4を獲得しており、登録ユーザー数は220万を超えました。「事業・業務支援サービス」は、起業・開業ナビ※5、会計事務所紹介、資金調達ナビなど、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※6の立ち上げに参画するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。なお、弥生は2014年からオリックス株式会社のグループ会社です。
 
※4 全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,717店におけるPOS実売統計で、弥生は2020年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:22年連続受賞、申告ソフト部門:17年連続受賞)-株式会社BCN調べ

 

お問い合わせ

取材・プレスリリースに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら