• トップ
  • 導入事例
  • 「やよいの青色申告」と「Airレジ」で経理作業も確定申告もラクラク

導入事例

  • やよいの青色申告

「やよいの青色申告」と「Airレジ」で経理作業も確定申告もラクラク

創作空間café アトリエ(大阪府大阪市)

大阪・日本橋(2020年2月に本町へ移転予定)の一角にある創作空間café アトリエ。店内に揃った無料貸出の画材を使って自由に絵を描くことができる創作カフェとして、関西圏のみならず遠くは北海道と、全国からお客が集まる人気店だ。中崎町に2号店もオープン。東京への出店も予定されている。

開業時から「やよいの青色申告」を導入

「美術部のようなカフェ」。そんなコンセプトの創作空間café アトリエの店内で、まず目をひくのが色とりどりのペンや絵の具、色鉛筆などが並んだ画材棚だ。店ではこれらの画材を無料で使用でき、手ぶらで来店しても自由にお絵描きを楽しむことができる。昔から絵を描くことが大好きで、自身もイラストレーターの仕事をしていたオーナーの安田佳那子さんが、大学卒業後、たった4年で立ち上げた店だ。

「大学時代からカフェ巡りが好きで、年に100軒は訪問していました。その頃から、いずれ自分でもカフェをやりたいと思っていたのですが、普通のカフェでは競合相手が多過ぎて厳しいだろうな、と。そこでコンセプトカフェなら需要もあるし、うまくターゲットにはまればお客さんもたくさん来てくれるだろうと思ったので、大学卒業後、1年間の会社勤めを経て、イラストレーターと兼業で飲食店で修業をしながら、コンセプトカフェのアイデア出しを続けていました。そんななかで、ふと“大人になると外で絵が描ける場所ってないな”と気づき、「お絵描きカフェ」というコンセプトが浮かんだんです」

アイデアを思いついてから、実際にカフェを開業するまでは約1年。知人のバー経営者に相談したり、開業支援センターの無料相談に通って事業計画の立て方などを勉強し、一方でSNSやクラウドファンディングを活用して開店前のプロモーションにも力を入れたという。

「『弥生会計』は、以前、勤めていた会社で使っていて便利だなという実感があったので、『弥生会計』の個人用という感じだろうと思って開業時に『やよいの青色申告』を購入しました。私はPCや家電などでも、何かわからないときにはすぐに電話して聞きたいタイプなので、電話サポートも使えるサポートプランに入りました。すでに何度か利用しています」

「Airレジ」連携も活用して、日々の経理作業を軽減

安田さんは京都出身なので、実は店を開くのは京都でもいいかなと思っていたそう。

「ただ、絵を描く人が参加するコミティア(創作イラストのマーケット)やデザインフェスタなどは、関西では大阪で開催されることが多いんです。だからこのコンセプトの店ならば、京都よりは大阪の方がお客さんが集まりやすいだろうと考えました。オープンから2年経ちましたが、予想以上にお客さんが来てくださって、驚いています」

潜在的に絵を描く人は多いだろうと思っていたため、絶対にうまくいくという確信はあったが、ここまで忙しくなるとは思っていなかったという安田さん。基本、1人で切り盛りするつもりでいたが、カフェで出しているフードメニューもすべて安田さんが作っているため、ほぼ満席になる土日は人手がなければ回らない。そこで今は週末だけアルバイトを2名雇っている。

「店の会計には無料で使える『Airレジ』をiPadで使っているんですが、『やよいの青色申告』との連携は、とても便利ですね。経理作業はだいたい月に1回まとめてこなしていますが、日々の経費精算などはスタッフにお願いしています。暇な時に経費入力をしてもらったり、勘定科目別にレシートを紙に貼ってもらったり。そのおかげで経理の負担はほとんど感じていません」

確定申告作業は3時間ほどで完了

個人経営者として店の切り盛りだけでなく、年に1度の確定申告書類も自分で作成しているという安田さん。

「『やよいの青色申告』は、税務署で教えてもらって使い始めました。最初は全然わからなくて電話サポートのお世話になりましたが、今はもう慣れて、確定申告準備にかかる時間も3時間ほど。作業に取りかかるまでは気が重いですが、実際にやり始めてしまえば、単純に必要な項目を入力していくだけですから。やはり日々の会計をこまめに処理しているのが大きいと思います」

経理作業を1人で抱え込まず、できる範囲でスタッフにも任せているのが功を奏しているよう。

「操作が簡単なので、新しいスタッフに入力方法を教えるのも楽で、助かっています。本店の運営のほか、看板貸しをしている2号店からの問い合わせ対応をしたり、恐竜画家としての活動をしたり。恐竜は学生時代にカフェとともにはまったのですが、今は水墨で恐竜を描いていて、最近絵本も出版されました。今後も経理作業は『やよいの青色申告』で効率化しながら、いろいろなことにチャレンジしていきたいです」

  • 本記事の内容は、取材当時のものです。

今回ご紹介した製品

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

  • 間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください
    IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。