1. 弥生株式会社
  2. インボイス制度お役立ち情報
  3. インボイス制度がパーソナルトレーナーに与える影響は?収入や税金について解説

インボイス制度がパーソナルトレーナーに与える影響は?収入や税金について解説

2023/12/18更新

インボイス制度はパーソナルトレーナーの仕事に影響のある制度です。ここでは、インボイス制度導入によるパーソナルトレーナーへの影響について、具体例を交えて解説します。

弥生のクラウドサービスならインボイス制度への対応もかんたん、あんしん Misoca、弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン インボイス制度/電子帳簿保存法に対応 インボイスに迷ったら、弥生。 小規模事業者におすすめ ウェブCM公開中 詳しくはこちら

インボイス制度とは?

インボイス(適格請求書、以下インボイスで統一)とは、一定の記載要件を満たした請求書や領収書などを指します。現行の区分記載請求書等保存方式に基づく請求書や領収書に追記が必要な情報は、以下のとおりです。

  • 適格請求書発行事業者の登録番号
  • 税率ごとに区分した合計額および適用税率(税抜もしくは税込)
  • 税率ごとに合計した消費税額等

インボイス制度導入の目的は、事業者が行う取引における消費税率と消費税額を正しく計算することです。商品やサービスを提供する事業者(売手側)は、インボイス制度のしくみや影響についてよく理解したうえで、どのように対応するか検討しなければなりません。

インボイス制度の基本的なしくみについて、こちらの記事で解説しています。

インボイス制度とは?対象者や目的、対応方法をわかりやすく簡単に図解で解説

インボイス制度は2023年(令和5年)10月1日から導入されました。2023年11月時点において登録完了の通知を受け取れるまでにかかる期間の目安は、以下のとおりです。

  • e-Taxによる提出:約1か月
  • 書面による提出:約1か月

インボイス制度の開始にあわせて知っておきたい消費税の知識について、こちらの記事で解説しています。

個人事業主の消費税、いつから払う?納税義務と免除要件、税額の計算方法

免税事業者と課税事業者の違い

免税事業者と課税事業者の主な違いは、以下のとおりです。

区分 納税の有無 要件
課税事業者 消費税を納める必要がある
  • 1. 基準期間における課税売上高が1,000万円を超える場合
    • 基準期間とは、個人事業主の場合は前々年の1月1日~12月31日の期間、法人の場合は前々事業年度が対象
  • 2. 特定期間における課税売上高が1,000万円
    • 特定期間とは、個人事業者の場合その年の前年1月1日~6月30日の期間、法人の場合は原則として対象事業年度の前事業年度開始の日以後6ヶ月の期間
  • 3. 適格請求書発行事業者に登録する場合
免税事業者 消費税の納税義務が免除されている 上記の課税事業者の条件に当てはまらない場合

「課税事業者」に区分される条件は、基準期間または特定期間の課税売上高が1,000万円を超えた場合です。課税事業者の要件に当てはまらない事業者は「免税事業者」となります。課税事業者には消費税の納税義務が発生し、消費税の確定申告を求められます。

パーソナルトレーナー・ジムのインストラクターは適格請求書発行事業者への登録が必要?

インボイス制度導入の目的は、事業者が行う取引における消費税額と消費税率を正しく把握することです。パーソナルトレーナーに限らず、すべての業種の事業者はインボイス制度への対応について検討する必要があります。適格請求書発行事業者への登録は任意です。まずは自身(自社)にどのような影響があるのかを理解しましょう。

パーソナルトレーナーへインボイス制度が与える影響

インボイス制度がパーソナルトレーナーに与える影響の例は、以下の3つです。

  • インボイスを交付する場合は適格請求書発行事業者への登録が必要になる
  • 事業者(買手側)は免税事業者のパーソナルトレーナー(売手側)と取引すると仕入税額控除ができない
  • 開業したばかりでも適格請求書発行事業者であれば納税義務がある

それぞれ詳しく解説します。

インボイス制度導入に関するシステムの変更点については、こちらの記事で解説しています。

インボイス制度に対応したシステムとは?導入・改修のポイントを解説

インボイスを交付する場合は適格請求書発行事業者への登録が必要になる

インボイスを交付できるのは、適格請求書発行事業者の登録を受けた事業者のみです。適格請求書発行事業者になるためには、登録申請書に必要事項を記入し、納税地を所管する税務署長への提出が必要です。

適格請求書発行事業者への登録方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

適格請求書発行事業者とは?登録方法と申請書の提出先、期限について解説

事業者(買手側)は免税事業者のパーソナルトレーナー(売手側)と取引すると仕入税額控除ができない

インボイス制度の導入後、事業者(買手側)は免税事業者(売手側)と取引すると、支払った消費税額が仕入税額控除の対象外となります。

納付税額の増加を避けるため、事業者(買手側)は仕事を割り振る際、適格請求書発行事業者のパーソナルトレーナー(売手側)を優遇するケースが考えられます。場合によっては、免税事業者のパーソナルトレーナー(売手側)が従来の取引先(買手側)を失う可能性もあるでしょう。ただし、買手側による立場を利用した取引条件の一方的な変更は、独占禁止法や下請法に違反する可能性があります。政府や関係機関は、買手側が法令に違反しないよう注意を呼びかけています。

開業したばかりでも適格請求書発行事業者であれば納税義務がある

新しく開業したばかりの個人や、資本金1,000万円未満で「新規の法人設立」もしくは「個人事業主から法人化」する場合、設立1期目は原則として消費税の免税事業者となります。しかし「新規の法人設立」もしくは「個人事業主から法人化」と同時に適格請求書発行事業者に登録すると、資本金にかかわらず設立1期目から消費税の納税義務が生じます。消費税の納付による事業資金への影響について、あらかじめ計算しておくことが重要です。

インボイス制度導入によってパーソナルトレーナーの収入は変わる?

インボイス制度導入がパーソナルトレーナーの収入に与える影響として、以下の2つのケースが考えられます。

  • 下がる可能性があるケース
  • 変わらないケース

それぞれのケースについて解説します。

収入が下がる可能性があるケース

消費税の免税事業者が課税事業者になると納税義務が生じるため、その分の収入が下がります。

インボイスを発行できるのは「適格請求書発行事業者の登録を受けた事業者」のみです。業務委託契約を締結している事業者(買手側)からインボイスの交付を求められた場合、パーソナルトレーナー(売手側)はどのように対応するか検討する必要があります。免税事業者のままパーソナルトレーナー(売手側)を続ける場合には、取引金額から消費税分の値下げを打診され収入が下がるケースもあるでしょう。事業者(買手側)からどのような対応を求められるか注視する必要があります。

収入が変わらないケース

正社員やパートとしてジムに勤務しており、報酬を給与で受け取っているパーソナルトレーナー(売手側)は、収入への影響を受けません。給与所得には消費税が含まれておらず、インボイス制度の対象から外れるからです。

個人事業主のパーソナルトレーナーの仕事例ごとにインボイス制度による影響を解説

パーソナルトレーナーを営む個人事業主には、以下のような仕事例が想定されます。

  • 自宅で個人のお客さんにレッスン
  • 業務委託契約としてスポーツクラブやフィットネスクラブのトレーナーとして勤務
  • 業者からの食品・材料の仕入れ

仕事ごとにインボイス制度導入による影響について解説します。

自宅で個人のお客さんにレッスンする場合

自宅で一般消費者のお客さんから受け取ったレッスン代は、インボイス制度の影響を受けません。インボイス制度の対象となるのは事業者が行う取引で、一般消費者との取引は対象外になるからです。

ただし、福利厚生の一環として事業者(買手側)の社員が利用する機会の多いパーソナルジムは、注意が必要です。事業者(買手側)の税負担が増えるため、インボイス制度に対応したジム(売手側)を利用するよう社員に通達が出る可能性もあるでしょう。インボイス制度への対応を検討する際は、パーソナルトレーニングを利用する客層のうち、事業者(買手側)の利用率を分析しておくことが重要です。

業務委託契約でスポーツクラブやフィットネスクラブのトレーナーとして勤務する場合

業務委託契約を締結したスポーツクラブやジム(買手側)から受け取る報酬は、インボイス制度の影響を受けます。スポーツクラブやジム(買手側)からインボイスの交付を求められた場合、パーソナルトレーナー(売手側)はどのような対応を取るか検討しましょう。

業者から食品や材料を仕入れる場合

パーソナルトレーナーは、売手側だけでなく買手側となるケースがあります。例えば、レッスンに使用するトレーニング機器を、業者(売手側)から仕入れるケースが挙げられるでしょう。仕入れ先(売手側)が免税事業者の場合、パーソナルトレーナー(買手側)は仕入税額控除ができず消費税の納税額が増えます。仕入れ先(売手側)のなかに免税事業者のまま営業を続ける業者がある場合は、インボイス制度導入後の取引条件についての取り決めが必要です。

パーソナルトレーナーがインボイス制度に対応する際によくある質問

インボイス制度に特例措置はある?

インボイス制度には「2割特例」と呼ばれる特例措置が設けられています。免税事業者から適格請求書発行事業者になった事業者は、消費税の納税額を売上税額の2割にできます。2割特例の目的は、適格請求書発行事業者になる事業者の税負担や事務負担の軽減です。

パーソナルトレーナーとしての収入が1,000万円以下でも適格請求書発行事業者登録が必要?

課税売上高が1,000万円以下の事業者は原則として免税事業者に区分され、本来であれば消費税の納付義務はありません。しかし、インボイス制度は取引先(買手側)の増減や報酬への影響などを考慮して対応を検討する必要があります。

パーソナルトレーナーはインボイス制度導入による影響をしっかりと理解しよう

インボイス制度の導入は、パーソナルトレーナーとして働く個人事業主・フリーランスやジムの経営者に影響を与えます。業務委託契約でジムに勤務しているパーソナルトレーナー(売手側)は、ジム(買手側)がどのような対応を求めるか注視しましょう。登録するメリット・デメリットを比較して、自身(自社)の方向性を検討してみてください。

弥生のクラウドサービスなら、無料でインボイス制度に対応

適格請求書の発行ができる「Misoca」をはじめ、適格請求書/区分記載請求書の入力・仕訳に対応のクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」、Misocaで作成した請求書や受領した請求書等の登録番号等から適格請求書/区分記載請求書を自動判定して、自動保存・管理できる「スマート証憑管理※1」など、弥生のクラウドサービスならインボイス制度にまるっと無料で対応できます。
今なら1年間無料になるキャンペーンを実施中!まずはお試しください。

  • ※1スマート証票管理は、製品によって利用できるプランが異なります。詳細はこちらをご確認ください。
請求書を発行する場合(売手):Misocaで適格請求書の発行→スマート証憑管理で適格請求書控えの自動保存・管理 請求書を受領する場合(買手):スマート証憑管理で適格請求書の保存・管理、適格請求書の記載内容の確認、適格請求書/区分記載請求書の判別、登録番号の真正性の確認→弥生会計 オンラインまたはやよいの青色申告 オンラインで税区分ごとの仕訳入力、消費税集計 詳細はこちら

請求業務を効率化するMisoca

Misocaは、見積書・納品書・請求書・領収書・検収書の作成が可能です。取引先・品目・税率などをテンプレートの入力フォームに記入・選択するだけで、かんたんにキレイな帳票が作成できます。
さらに固定取引の請求書を自動作成する自動作成予約の機能や、Misocaで作成した請求データを弥生の会計ソフトで自動取込・自動仕訳を行う連携機能など、請求業務を効率化する機能が盛り沢山です。
月10枚までの請求書作成ならずっと無料!月15枚以上の請求書作成なら初年度無料になるキャンペーン実施中です。

インボイス制度・改正電子帳簿保存に対応のクラウド見積もり・納品・請求書サービス 1分でキレイな請求書を作成 0円から使える! 今すぐ無料でお試し

日々の仕訳、決算業務をスムースにする「弥生のクラウド会計ソフト」

弥生のクラウド会計ソフトは、銀行口座・クレジットカードの明細、レシートのスキャンデータを自動取込・自動仕訳するから、日々の取引入力業務がラクにできます。
また決算書類の作成も流れに沿って入力するだけ!経理初心者の方でも、”かんたん”に会計業務を行うことができます。

法人の方は、「弥生会計 オンライン」、個人事業主の方は、「やよいの青色申告 オンライン」をご検討ください。
今なら、すべての機能が1年間無料でご利用いただけます。

弥生会計オンライン インボイス制度/ 電子帳簿保存法に対応 会計ソフト売上実績No.1 1年間無料でお試し
やよいの青色申告オンライン インボイス制度/ 電子帳簿保存法に対応 クラウド申告ソフト シェアNo.1 1年間無料でお試し

初心者事業のお悩み解決

日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

  • お役立ち情報

    正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

  • 無料のお役立ちツール

    会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

  • 虎の巻

    個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

事業のお悩み解決はこちら