会社概要 プレスリリース

2022年03月01日

当社の株主変更についてのお知らせ

オリックスからKKRへの株式譲渡が完了
 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)から、コールバーグ・クラビス・ロバーツ・アンド・カンパニー・エルピー(本社:米国ニューヨーク州、関係会社及びその他の関連事業体を含め、以下、総称して「KKR」)の関連会社に株式譲渡が本日完了したことを受け、正式に当社の株主がKKRになりましたことをお知らせします。
 それに伴い、KKRから取締役2名、監査役1名が新たに当社役員に就任します※1
 
 弥生は、お客さまの事業の立ち上げと発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」でありたいと考え、ビジョンとして掲げています。このたび、KKRを新たな株主として迎えることで、そのビジョンを実現するための強力なパートナーを得ることができました。今後も当社の事業内容ならびに目指す姿に変更はなく、提供するサービスの進化を加速させることで、これまで以上にスモールビジネス事業者の発展を支え、日本経済の活性化に貢献していきたいと考えています。
 
※1 新役員3名は、弥生のグループ会社であるアルトア株式会社の役員も兼務します
 
 

役員の新任と退任

氏名 新役職名 現役職名
谷田川 英治 社外取締役 株式会社KKRジャパン パートナー
原田 秀一 社外取締役 株式会社KKRジャパン マネージング・ディレクター
何 思寧 社外監査役 株式会社KKRジャパン アソシエイト
松﨑 悟 退任 取締役(オリックス株式会社 取締役兼専務執行役)
渡辺 展希 退任 取締役(オリックス株式会社 執行役)
横井 慎也 退任 取締役(オリックス株式会社)
髙山 匠 退任 監査役(オリックス株式会社)

 

更新後の役員構成

取締役

氏名 役職名
岡本 浩一郎 代表取締役 社長執行役員
飯野 弘也 取締役 執行役員
前山 貴弘 取締役 執行役員
谷田川 英治(新任) 社外取締役(株式会社KKRジャパン)
原田 秀一(新任) 社外取締役(株式会社KKRジャパン)
太田 直樹 社外取締役(株式会社New Stories 代表取締役)
林 千晶 社外取締役(株式会社ロフトワーク 取締役会長)


監査役

氏名 役職名
八木 健次 監査役
何 思寧(新任) 社外監査役(株式会社KKRジャパン)
鈴木 由里 社外監査役(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士)
塚田 英樹 社外監査役(塚田英樹公認会計士・税理士事務所 所長)

 

新役員のご紹介

社外取締役 谷田川 英治
 2006年にKKR入社。テクノロジー業界チームのメンバー。KKR入社後はUnisteel、インテリジェンス、パナソニック ヘルスケア、Pioneer DJ、Transphorm、カルソニックカンセイ、日立工機、日立国際電気、フロムスクラッチ、西友、ネットスターズの投資に関与。現在工機ホールディングス(旧日立工機)、SYホールディングス(西友)、Transphorm(米国企業)、データX(旧フロムスクラッチ)、ネットスターズにおいて社外取締役を務める。2010年から2012年まで香港オフィス勤務。KKR入社以前はゴールドマン・サックス投資銀行部門にてニューヨーク及び東京で勤務し、テクノロジー、メディア、テレコム業界担当、M&Aや資金調達などの案件に関与した。東京大学工学部にて学士号、東京大学工学系研究科にて修士号取得。
 
社外取締役 原田 秀一
 2020年にKKR入社。投資銀行およびM&Aアドバイザリー業務で20年を超える経験と実績を有す。KKR入社以前はメリルリンチ日本証券に16年間勤務、直近まで取締役兼投資銀行部門長の職にあった。それ以前は、大和証券SMBC東京及びロンドンオフィスにてM&Aアドバイザリー業務、中央青山監査法人(現 PwC Japanグループ)にてトランザクションサービス業務に従事。岡山大学法学部にて学士号を取得。
 
社外監査役 何 思寧
 2018年にKKR入社。KKR入社以前は、JPモルガン証券投資銀行部門にて、金融法人グループにおけるクロスボーダーM&A案件や資金調達案件に関与。東京大学経済学部にて学士号取得。
 

KKRについて

 KKRは1976年に設立された世界有数の総合資産運用会社で、ニューヨーク証券取引所に上場しています。運用資産残高は2021年12月末時点で4,710億ドル(約54兆円)であり、これまで世界で約330件のプライベートエクイティ投資を手掛けており、ソフトウェア分野でも世界で数多くの投資を行っています。中小事業者向け会計及び業務ソフトウェア領域においては、豪州のMYOB、オランダのExact、ノルウェー・スカンジナビアのVisma、ベトナムのKiotVietへの投資を行っています。また、企業向けソフトウェア及びクラウド・SaaSソリューションにおいても米国のERPベンダーであるEpicor、米国のクラウド財務会計プラットフォームであるOneStream、スイスの統合型業務ソフト・クラウドソリューションであるSoftwareOne、日本でデータマーケティングプラットフォームb-dashを提供するデータXなど幅広い分野においてグローバルに豊富な投資実績を積み重ねています。
 
弥生株式会社について
 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、事業者の皆さまが事業を立ち上げ、進め、発展する過程で直面するさまざまな課題にお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業・業務支援サービス」を開発・提供・サポートしています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト6年連続利用シェアNo.1※2デスクトップアプリで23年連続売上実績No.1※3を獲得しており、登録ユーザー数は250万を超えました。「事業・業務支援サービス」は、起業・開業ナビ※4、資金調達ナビ※5、税理士紹介ナビ※6など、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※7の立ち上げを主導するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。
 
※4 2021年3月31日付プレスリリース:「起業・開業ナビ」サービス開始
※5 2021年10月29日付プレスリリース:「資金調達ナビ」サービス開始
※6 2021年12月13日付プレスリリース: 「税理士紹介ナビ」サービス開始

 

 

 

お問い合わせ

取材・プレスリリースに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら