1. 弥生株式会社
  2. クラウド請求書作成ソフト
  3. 請求書作成お役立ち情報
  4. 請求書の基礎知識
  5. 見積書、納品書、請求書の違いとは?

見積書、納品書、請求書の違いとは?

2023/06/30更新

一般的な取引の流れをおさえておこう

『見積書』『納品書』『請求書』はそれぞれ全く異なった役割を担っています。まずは仕事の取引の流れを確認しておきましょう。

通常の取引の流れは下記のようになります。

  • 1.
    取引先からの発注に対し『見積書』を提示。
  • 2.
    見積書の内容で合意ができたら契約を取り交わす。
  • 3.
    商品の納品(納品時に『納品書』 を提出)。
  • 4.
    『請求書』 の発行&送付。

見積書・納品書・請求書って?

取引の流れの場面ごとで、該当する書類を作成、発行することになります。

発注にかかる費用などを事前に伝えるために作成された書類

商品の納品時に取引先に提出する、商品の明細が記載された書類

取引した商品に対する支払いを求める内容が記載された書類

月単位の請求ではなく、納品と受領が同時に行われる場合など、取引ごとに代金の請求をする場合は、『納品書兼請求書』が発行される場合もあります。

見積書・納品書・請求書のテンプレートを見てみよう

Misocaでは、様々な経理書類の無料テンプレートを数多く公開しています。
自分でイチから書類雛形を作るのは大変なので、プロが作成したテンプレートを上手に活用しましょう。

テンプレートはこちらから!

  • 見積書、納品書、請求書を作るなら「Misoca」がおすすめです。たった1分で作成可能!是非お試しください。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら