1. 弥生株式会社
  2. クラウド請求書作成ソフト
  3. 請求書作成お役立ち情報
  4. 請求書の基礎知識
  5. 請求書の金額は相殺できますか?

請求書の金額は相殺できますか?

2023/06/30更新

相殺は可能です

ひとつの取引先に対し売掛金と買掛金が発生している場合、基本的には「相殺する」という意思表示をすることで相殺処理が可能です。
しかし、お互いに確認・理解しているからといって相殺しましたで終わりにしてはダメです。

相殺をするにはどうするか

請求書等に相殺の内容を記入し、取引先にも相殺の事実が明らかになるようにしておきましょう。

また相殺処理を証明するために「相殺領収書」を発行しても良いでしょう。
この「相殺領収書」は実際には金銭の授受がありませんので、印紙税法上の領収書ではありませんから、どんな金額であっても印紙を貼る必要はありません。

適切な処理をしておくことで、「あれ、入金がない!」「これ、支払った?」など、後日発生するであろう取引先とのやりとりもスンナリと解決します。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら