2020/02/20更新 どれが最適?確定申告の3つの提出方法を徹底解説

監修:
税理士法人 MIRAI合同会計事務所

2020年2月27日、国税庁より確定申告期限の1か月延長が発表されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から2019年分申告所得税(及び復興特別所得税)、個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が、2020年(令和2年)4月16日(木)まで延長となります。
併せて、所得税の青色申告承認申請書や個人事業の開廃業等届出など、2020年(令和2年)2月27日から2020年(令和2年)4月15日までの間に提出期限・納付をすべき、個人が行うものについても2020年(令和2年)4月16日(木)まで延長されました。

所得税の申告期限・納付期限
2020年2月17日(月)~2020年4月16日(木)
消費税の申告期限・納付期限
2020年1月6日(月)~2020年4月16日(木)

フリーランスや個人事業主になったばかりの人は、確定申告についてわからないことが数多くあると思います。書類を用意しなければいけないのはわかるけれど、最終的にどこへ提出すればいいのか、またその方法はどうすればいいのか、初めてだとそのイメージがわかないかと思います。
ここでは、確定申告書類の提出先と提出方法について、詳しく解説していきます。

確定申告書の提出先と提出期限

確定申告書の提出先は、自身の住んでいる地域の税務署になります。例えば、千代田区神田に住んでいる場合、神田税務署に提出することになります。

確定申告には提出期限が設けられており、それを過ぎてしまうと、延滞税や無申告加算税などのペナルティが発生してしまいます。提出期限は、毎年2月16日~3月15日までの1か月間で、期限日が土日や祝日の場合は、休日明けの平日が期限となります。

確定申告の提出方法は3種類

具体的にどうやって確定申告を提出するのか、その方法を紹介しましょう。まずは、税務署に行って窓口の担当者、あるいは時間外収受箱に提出する方法。もう1つは、税務署に郵送で提出する方法。そして最後に、e-Taxで提出する方法があります。
それぞれの提出方法について、メリット・デメリットを詳しく解説していきましょう。

窓口での提出

税務署の窓口に行って書類を提出するのは、一番イメージしやすいのではないでしょうか。作成した書類を税務署に持って行って提出するだけなので、迷うことはないはずです。

窓口提出のメリット

窓口提出の大きなメリットとしては、窓口の担当者に書類の不備をチェックしてもらえる点が挙げられます。「書類の記入内容が正しいかどうか」まではチェックしてもらえませんが、「提出するための書類が揃っているかどうか」という部分は確認してもらえるため、「初めての確定申告なので不安」という人におすすめです。
申告書の控えを用意していけば、税務署で受付印を押された控えをもらうことができます。受付印が押された申告書は、金融機関のローン審査などで提出を求められたり、次年度の確定申告書類を作成する際に参考にできたりするので、もらっておくと便利です。

窓口提出のデメリット

窓口提出ならではのデメリットとして挙げられるのが、税務署の混雑です。毎年、確定申告の時期になると、税務署が混雑します。特に期限日近くになると、開庁前から長蛇の列ができ、日中に行っても建物の外まで列が伸びているということもざらにあります。
窓口提出で混雑を避けたいならば、期限内の可能な限り早いタイミングで申告するようにしましょう。特に期限日である3月15日直前は、混雑が激しくなります。確定申告にある程度慣れているなら、休日や夜など、あえて閉庁しているタイミングを狙い、時間外収受箱に提出する方法もあります。この場合、その場で控えをもらうことはできませんが、控えの申告書と切手を貼った返信用封筒を同封しておけば、後日控えを返送してもらうことができます。

郵送での提出

続いて、確定申告を郵送で提出する際のメリット・デメリットを見ていきましょう。郵便局の窓口や郵便ポストから書類を送付できるので、税務署が開いている時間に提出できない人には、有力な手段です。

郵送提出のメリット

郵送提出のメリットは、提出の手軽さです。必要な書類さえしっかり揃えておけば、郵便ポストに投函するだけで確定申告が完了するため、近くに税務署がない人にとっても便利な提出方法といえるでしょう。申告書の控えが欲しい場合も、控えの申告書と切手を貼った返信用封筒を同封しておけば返送してもらえるため、心配ありません。
郵送提出の場合、期限日の消印が押されていれば、期間内提出と見なされる点もポイントです。例えば、3月15日が提出期限の場合、3月15日の段階で税務署に書類が到着していなくても、その日に郵便局に持って行って消印を押してもらえれば期間内と見なされます。

郵送提出のデメリット

郵送提出のデメリットは、提出の際に不備がないかどうかのチェックをしてもらえないという点が挙げられます。そのため、初めての確定申告の際はあまりおすすめできません。
当然ながら、郵送のための費用も必要になるため、近所に税務署がある人であれば、直接窓口に持って行く方がいいでしょう。

e-Taxでの提出

最後に、ネットを使ってe-Taxで確定申告を提出する方法を見ていきましょう。パソコンとネット環境があるのなら、この方法が一番おすすめです。e-Taxを利用するにはマイナンバーカードを利用する「マイナンバー方式」と「ID・パスワード方式」の2つの方法がありますが、ID・パスワード方式はあくまでもマイナンバーカードを持っていない人のための暫定的な方法のため、今後も使い続けられるとは限りません。e-Taxを利用するならマイナンバー方式を利用しましょう。

e-Tax提出のメリット

e-Tax提出の最大のメリットは、2020年(令和2年)以降も最大65万円の青色申告特別控除を受けられることです。2020年分の確定申告からは、基礎控除額が38万円から48万円へと増額する分、青色申告特別控除の上限が55万円に変更されます。ただし、e-Taxを用いて確定申告を行った場合、青色申告特別控除の上限金額が10万円アップして65万円になります。
控除額の大きさは、節税効果に直結します。便利なだけでなく、控除額という直接的なメリットがありますので、ぜひe-Taxを利用しましょう。もう一つのメリットは、自宅にいながら24時間いつでも提出ができることです。e-Taxなら、窓口提出のように行列に並んだり、郵送提出のように切手の購入や郵送の手間もかかりません。

e-Tax提出のデメリット

e-Tax提出には多くのメリットがありますが、唯一デメリットといえるのが、環境を整える必要があるということです。書類の提出作業自体はパソコンで必要事項を入力していくだけなので、紙で提出する場合と比べて差はありませんが、事前の準備が必要です。
さらに、本人確認をするためのマイナンバーカードと、それを読み込むためのICカードリーダーライターを用意しなければなりません。マイナンバーカードを発行していない場合でも「ID・パスワード方式」でe-Taxを利用できますが、あくまで暫定的な方式のため、ずっと利用できるかわかりません。マイナンバーカードや機材は一度揃えてしまえば、翌年以降もずっと使い続けることができるため、これから個人事業主として活動していく方は、一式を揃えておくといいでしょう。
e-Taxについて詳しくは別の記事で解説していますので、参考にしてください。

自分に合った提出方法を選んで、スムーズに確定申告を完了させよう

ここまで、確定申告の提出方法に焦点をあてて解説してきました。それぞれの提出方法にはメリットとデメリットがあり、「絶対にこうすべき」という方法はありません。自分に合ったやりやすい方法を選択すれば問題ありません。ただし、特別な理由がなければ、2020年度分の申告以降は青色申告の特別控除が10万円増額されるe-Taxを利用するのがおすすめです。

確定申告ソフトなら簿記や会計の知識がなくても確定申告できる

確定申告ソフトを使うことで、簿記や会計の知識がなくても確定申告することができます。

今すぐに始められて、初心者でもかんたんに使えるクラウド確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」とクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」から主な機能をご紹介します。

やよいの白色申告 オンライン」はずっと無料ですべての機能が使用でき、「やよいの青色申告 オンライン」は初年度無料で使い始められて無料期間中もすべての機能が使用できますので、どちらも気軽にお試しいただけます。

初心者にもわかりやすいシンプルで迷わず使えるデザイン

初心者にもわかりやすいシンプルなデザインで迷わず使うことができます。日付や金額などを入力するだけで、確定申告に必要な書類が作成できます。

取引データの自動取込・自動仕訳で入力の手間を大幅に削減

銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホで撮影したデータを取り込めば、AIが自動で仕訳を行います。これにより入力の手間と時間が大幅に削減できます。

確定申告の提出書類が自動作成。青色申告特別控除の最大65万円控除に対応

画面の案内に沿って入力していくだけで、確定申告書などの提出用書類が自動作成されます。青色申告特別控除の最大65万円の要件を満たした資料も作成できます。用紙を印刷することなくインターネットを使って直接申告するe-Taxにも対応しています。

自動集計されるレポートで経営状態がリアルタイムに把握できる

日々の取引データを入力しておくだけで、レポートが自動で集計されます。確定申告の時期にならなくても、事業に儲けが出ているのかリアルタイムで確認できますので、経営状況を把握して早めの判断を下すことができるようになります。

監修 税理士法人 MIRAI合同会計事務所

四谷と国分寺にオフィスのある税理士法人。税理士、社会保険労務士、行政書士等が在籍し確定申告の様々なご相談に対応可能。開業、法人設立の実績多数。
「知りたい!」を最優先に、一緒に問題点を紐解き未来に向けた会計をご提案。