取引入力弥生会計 18 AEの機能 デスクトップアプリ

機能一覧に戻る

高速仕訳入力 AE限定機能 会計事務所向けに作られた限定機能「高速仕訳入力」

仕訳入力 拡大する 仕訳入力

弥生PAP会員の要望を基に開発された、「弥生会計 AE」だけの記帳代行型入力画面です。入力に特化した画面は片手のみで入力でき、大量の仕訳もスピーディーに入力できます。

仕訳作成手順

  • (1)
    入力欄への仕訳入力
  • (2)
    作成された仕訳は仕訳表示欄へ反映

高速仕訳入力のポイント

会計事務所業務に合わせて設定された項目と固定化された入力欄により、入力時間が短縮でき、業務効率アップが図れます。

ココが便利です

  • 一つの画面ですべての仕訳が作成できます。
  • 片手(テンキー)のみで仕訳入力が可能です。
  • 摘要もコード(数字)で入力できます。

複合仕訳

複合仕訳 拡大する 複合仕訳

複合仕訳を作成する場合、「弥生会計」では振替伝票に都度切り替えて仕訳を記帳する必要がありますが、「弥生会計 AE」の[高速仕訳入力]なら、複合勘定を使用することで、画面を切り替えることなく複合仕訳を作成できます。

仕訳作成手順

「複合勘定」とは、諸口勘定と同じく、1つの取引について、2つ以上の内容の科目がある場合に計上する科目です。

勘定科目の選択方法

「弥生会計」では勘定科目選択方法を3種類(ローマ字・数字・他)用意しています。また、絞り込み機能により条件に一致する仕訳を簡単に絞り込んで表示できます。

  • 「サーチキー他」には英字・数字・半角カタカナのいずれかを設定できます。半角カタカナでの入力は「MS-I ME2003」以前に対応しています。
数字の科目コードを選択 素早く仕訳作成を行えます 拡大する 数字の科目コードを選択
ローマ字入力を選択 入力ミスを軽減でき、業務効率もアップします 拡大する ローマ字入力を選択

また、サーチキーの表示を左右入れ替えることができます。

サーチキーの表示を左右入れ替え

勘定科目の選択のポイント

「弥生会計」の勘定科目コードに不慣れな方には、他社勘定科目のテンプレートも用意していますので、使い慣れたコードで入力できます。

辞書機能

摘要辞書

摘要辞書 拡大する 摘要辞書

日常の入力で頻繁に使用する摘要項目を摘要辞書に登録しておけば、参照して選択入力できます。直接入力する場合も全角32文字まで入力可能です。

また、サーチキーの表示位置を左右入れ替えることができます。

伝票辞書

頻繁に発生する仕訳を事前に登録しておくことで、仕訳を自動入力することができます。また、複合仕訳も登録できます。

仕訳辞書

主に帳簿入力でよく使う取引パターンを登録できます。日常よく発生する取引や、リース料や家賃などの固定金額の取引を登録しておくと便利です。

帳簿入力・伝票入力

入力者の好みにあった記帳方法が選べます。また、入力したデータは自動的に関連する帳簿に転記・集計されます。

帳簿入力

現金出納帳預金出納帳売掛帳買掛帳などから入力できます。

現金出納帳 拡大する 現金出納帳

伝票入力

振替伝票入金伝票出金伝票などから入力できます。

振替伝票 拡大する 振替伝票

スマート取引取込 顧問先向けサービス

クラウドで入力を自動化

スマート取引取込

紙のレシートや金融機関の取引データ、オンライン請求書データやPOSレジシステムで入力したお店の売上データを、クラウド経由で自動で取り込み、自動仕訳します。

  • インターネット環境必須。ご利用にあたり、あんしん保守サポートへの加入が必要です(最大15か月間無償キャンペーン実施中)。

POINT1 領収書やレシートを自動仕訳

紙の領収書やレシートを1枚ずつ手で入力するのは、意外と時間がかかります。
弥生なら、スマホやスキャナで読み取れば文字を認識してデータに変換し、自動仕訳されます。証ひょうの検索や確認もかんたんにできます。

スマホなら
外出先でもちょっとした空き時間を利用して取込むことができます。思い立った時に取り込めるので入力漏れも防げます。
スマホアプリ「弥生 レシート取込アプリ」も無料で使えます!
モバイルスキャナなら
シェアオフィスなどでスペースが限られた場所でも、モバイルスキャナで取込めます。2枚同時読み取りもでき、効率アップ。
据置型スキャナなら
大量にスピーディーに取込めます。サイズを自動で認識し、それぞれ別のファイルで保存されます。

POINT2 カード・銀行明細データを自動仕訳

弥生が連携している金融機関なら、取引データを自動取得できます。あとは入力内容を確認するだけなので、記帳にかかる時間と手間が大幅に削減されます。

直接取込可能な金融機関

口座自動連携ツール
法人口座約2,210件を含む、全国約3,450件(2017年7月現在)の金融機関に対応。
※クラウド版(Microsoft Windows、macOS対応)、インストール版(Microsoft Windows専用)で対応金融機関が違います。

入出金明細ファイル取込
全銀協フォーマット、三井住友・三菱東京UFJ・横浜・りそなの各銀行、および 「しんきん法人向けインターネットバンキング(PDF)PDF」のフォーマットに対応。
また、取り込みの設定を行うことにより、任意の形式のCSVファイルを取り込むことができます。

連携可能な外部サービス

  • MoneyLook
  • Zaim
  • Moneytree
  • Misoca
  • Airレジ
  • スマレジ
  • ユビレジ
  • twitter
  • STREAMED
  • Staple for 弥生
  • ScanSnap Cloud

スキャンデータ取込

領収書やレシートといった紙の書類をスキャンした画像から、情報を自動で読み取って仕訳データに変換できます。

弥生 レシート取込アプリ

レシートをスマートフォンのカメラで撮影し、画像データとして対象製品に取り込むことができるアプリです。
平成28年(2016年)改正の電子帳簿保存法、スキャナ保存制度に対応しています。

弥生 レシート取込アプリ

「まとめ仕訳」機能を搭載

交通機関を使用した外出の多いユーザーの場合、交通系カードからデータ取り込みをすると、乗り降りの度に仕訳が作成され、膨大な仕訳データから、他の仕訳データを確認するのが難しい場合があります。「まとめ仕訳」機能では、旅費交通費など同じ科目の取引を「YAYOI SMART CINNECT」が判断し、月ごとにまとめたひとつの仕訳として作成します。また元の仕訳をたどることも可能です。

「まとめ仕訳」機能

弥生会計 AEは、弥生PAP会員専用の製品です。ご利用いただくには、弥生PAPへのご入会が必要となります。

弥生会計 AEについての

お問い合わせ

弥生PAPについてのお問い合わせもこちらから

弥生PAP

ご案内

弥生PAP

資料請求

まずはお気軽にお問い合わせください!

03-5207-8857

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます。)