1. 弥生株式会社
  2. クラウド請求書作成ソフト
  3. 請求書作成お役立ち情報
  4. 見積書の基礎知識
  5. 「見積書在中」と書くのは必要ですか?

「見積書在中」と書くのは必要ですか?

2023/06/30更新

見積書在中と書く、もしくはスタンプを押すのは必要ですか?

義務ではないが、取引先のことを考えると必要

見積書在中の意味

「見積書在中」や「親展」「請求書在中」などを封筒の添え書き(添え字)といいます。
重要な書類であることを示して、取引先の郵便物の仕分け作業を楽にしたり仕分けミスを減らします。

どこに記載すればいい

一般的なには封筒の表側の左下となります。

まとめ

封筒の添え書きを記載するのは受取側のことを考えたマナーです。
取引先が扱いやすい見積書がすなわち、取引をスムーズに進めることにつながりますので、マナーを守った見積書を送りましょう。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら