1. 弥生株式会社
  2. 確定申告ソフト
  3. 確定申告お役立ち情報
  4. 確定申告の基礎知識
  5. 住民税はいくら?納める税額の計算方法や非課税になる条件を解説

住民税はいくら?納める税額の計算方法や非課税になる条件を解説

監修者:岡本匡史(税理士)

2024/05/17更新

住民税をいくら納税しているのか、会社員の場合はあまり意識することはないかもしれません。個人事業主やフリーランスは、納付書を使って自分で納付することが多いため、納税額を意識する機会もありますが、住民税がどのように決まるかについては、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、住民税の計算方法や非課税になる条件、納付する際の注意点の他、住民税を抑えるためのポイントについて解説します。

住民税とは居住する地方自治体に納める地方税

住民税とは、居住する地方自治体に納める地方税です。地方自治体と国は、住民に提供する行政サービスを分担しており、地方自治体は上下水道や消防・救急サービス、福祉、学校教育などといった、生活に身近な行政サービスを提供しています。住民税はこうした地方自治体の行政サービスを支えるための税金です。

住民税は、都道府県に納付する道府県民税(都民税)と、市区町村に納付する市町村民税(特別区民税)の2種類に分かれます。ただし、実際に納付する際は、道府県民税(都民税)と市町村民税(特別区民税)を合計して納付するため、両者を区別して考える必要はありません。

また、住民税には個人住民税と法人住民税の2種類がありますが、住民個人が負担するのは個人住民税です。そのため、本記事では個人住民税を住民税と表記して解説します。

住民税については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

住民税の額は均等割と所得割の合計で決まる

住民税は、所得金額にかかわらず定額の均等割と、前年の所得金額に応じて負担する所得割で構成されます。ここでは、均等割と所得割のそれぞれの計算方法について解説します。住民税の内訳のイメージは以下のとおりです。

個人住民税の内訳

均等割

均等割は、所得金額にかかわらず定額が課されます。均等割の金額は自治体によって異なりますが、一般的に道府県民税(都民税)は年1,000円、市町村民税(特別区民税)は年3,000円で、合計年4,000円です。ただし、所得金額が自治体の定める基準以下の場合、均等割はかかりません。

所得割

所得割では、所得金額に応じた負担が課されます。具体的には、前年の1月1日から12月31日までの所得に税率を掛けて算出します。所得割の税率は、一般的に道府県民税(都民税)が4%、市町村民税(特別区民税)は6%で、合計10%です。自治体によって異なる場合もあり、例えば、横浜市の2023年時点の税率は、市民税が8%、県民税が2.025%の合計10.025%です。

住民税の計算方法

住民税の額は地方自治体が計算します。しかし、計算方法を理解すれば、住民税決定通知書の送付前でも、おおよその納税額を把握することができるので安心です。

ここでは、住民税の額を計算する方法について解説します。

1. 総所得金額等を計算する

住民税の額を計算するため、まずは総所得金額等を計算しましょう。所得は所得税法で、事業所得や給与所得、不動産所得の他、退職所得、譲渡所得など10種類に分けられています。それぞれの所得の計算方法を確認したうえで、合計して総所得金額等を算出します。

2. 所得控除額を計算する

総所得金額等が計算できたら、所得控除額を計算しましょう。所得控除は、税金の計算をする際に、所得金額から一定の金額を差し引く制度です。住民税の計算においては、基礎控除扶養控除生命保険料控除の他、医療費控除社会保険料控除など14種類があります。14種類の控除のうちで、自分が受けられる控除を確認し、合計額を計算します。

なお、住民税を計算する際の所得控除は、所得税の所得控除とは、控除される額が異なる場合があるため、注意が必要です。

3. 課税所得金額を計算する

所得控除額が計算できたら、総所得金額等から所得控除額を差し引いて、課税所得金額を計算しましょう。住民税は、この課税所得金額に税率を掛けて計算します。

4. 所得割を計算する

課税所得金額が算出できたら、課税所得金額を基に、住民税の所得割の額を計算しましょう。所得割の額は、地方自治体ごとに決められた税率を課税所得金額に掛けることで計算できます。一般的に、所得割の税率は道府県民税(都民税)が4%、市町村民税(特別区民税)は6%の合計10%です。

5. 所得割の額から税額控除を差し引く

所得割の額が計算できたら、税額控除を差し引き、最終的な所得割の額を計算しましょう。税額控除は、税金の額から一定の金額を直接差し引く制度です。住民税の計算においては、住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)や外国税額控除、調整控除の他、ふるさと納税を含む寄附金税額控除などを差し引くことができます。

6. 均等割を加算する

税額控除を差し引いたら、最後に均等割を加算します。一般的に均等割は道府県民税(都民税)1,000円、市区町村民税(特別区民税)3,000円の合計4,000円です。

住民税の計算例

住民税の額は所得や控除の額によって異なるため、自分の所得や控除を確認したうえで計算することが重要です。

ここでは、以下の条件を例に、住民税の計算例を解説します。

住民税計算の条件

  • 総所得金額:500万円
  • 所得控除額:150万円
  • 税額控除額:30万円
  • 所得割の税率:道府県民税(都民税)4%、市区町村民税(特別区民税)6%、合計10%
  • 均等割の額:道府県民税(都民税)1,000円、市区町村民税(特別区民税)3,000円、合計4,000円

まず、総所得金額から所得控除額を差し引いて、課税所得金額を算出します。次に、課税所得金額に所得割の税率を掛けて、所得割の額を計算します。

課税所得金額と所得割の計算式

課税所得金額350万円=総所得金額500万円-所得控除額150万円

所得割の額5万円=課税所得金額350万円×所得割の税率10%-税額控除額30万円

所得割を計算できたら、均等割を加算して、住民税の額を算出します。均等割は4,000円なので、住民税の額は5万4,000円になります。

住民税の額の計算式

住民税の額5万4,000円=所得割の額5万円+均等割の額4,000円

住民税が非課税になる条件

住民税は所得金額などの条件によって、非課税になる場合があります。ここでは、住民税が非課税になる条件について解説します。

住民税全額が非課税になる条件

生活保護法による生活扶助を受けていたり、所得が自治体の定める基準を下回ったりする場合、住民税の全額が非課税になります。住民税の全額が非課税になる条件は、地方自治体によって異なりますが、東京23区在住の場合の条件は以下のとおりです。

住民税の全額が非課税になる条件

  • 1月1日時点で生活保護法による生活扶助を受けている
  • 障害者、未成年者、寡婦またはひとり親で、前年の所得金額が135万円以下
  • 同一生計配偶者や扶養親族がいない人で、前年の所得金額が45万円以下
  • 同一生計配偶者や扶養親族がいる人で、前年の所得金額が「35万円×(本人・同一生計配偶者・扶養親族の合計数)+31万円」以下
東京都「個人住民税新規タブで開く」に基づいて作成

所得割が非課税になる条件

住民税のうち、所得割のみが非課税になる場合もあります。住民税の所得割が非課税になる条件は、地方自治体によって異なります。

東京23区在住の場合の条件は以下のとおりです。

所得割が非課税になる条件

  • 同一生計配偶者や扶養親族がいる人:前年の所得金額が「35万円×(本人・同一生計配偶者・扶養親族の合計数)+42万円」以下
  • 同一生計配偶者や扶養親族がいない人で、前年の所得金額が45万円以下
東京都「個人住民税新規タブで開く」に基づいて作成

なお、16歳未満の扶養親族は、所得税法では扶養控除の対象外です。しかし、住民税の計算においては、16歳未満の扶養親族も人数に含めて計算します。例えば、5歳と10歳、18歳の子供がいる場合、所得税の計算では18歳の子供しか、扶養控除の対象にはなりません。一方、住民税非課税の基準の計算では、3人とも計算に含めます。

住民税の納付方法

住民税の納付方法は普通徴収と特別徴収の2種類です。一般的に働き方に応じて、どちらの納付方法で納めるかが決まります。

ここでは、それぞれの納付方法について解説します。

普通徴収

普通徴収は、住民税を自分で納める納付方法です。個人事業主やフリーランスとして働いている場合は、6月ごろになると、自宅に住民税決定通知書と納付書が送付されてくるので、6月末日、8月末日、10月末日、翌年1月末日の年4回、届いた納付書を使って納期限内にそれぞれ納付します。住民税は金融機関やコンビニエンスストア、市区町村窓口などで納付できます。

また、住民税は1年分をまとめて納付することもできます。納付忘れや納付書の紛失が不安な場合は、まとめて納付しておくとよいでしょう。口座振替での納税も可能で、一度手続きをすれば、その後は納付の手間がかかりません。一部の自治体では、クレジットカード決済やスマホ決済での納付も可能です。

なお、給与所得者で副業などの所得がある場合、確定申告書の第二表「給与、公的年金等以外の所得に係る住民税の徴収方法」欄で「自分で納付」を選択すると、給与所得以外の所得分の住民税を普通徴収にできます。この場合、給与所得以外の所得分の住民税については、納付書が自宅に届きます。

確定申告書 第二表の住民税の徴収方法記入欄

国税庁「所得税の確定申告新規タブで開く

特別徴収

特別徴収は、給与から住民税を差し引いて納める方法です。会社員や公務員などの給与所得者が対象で、勤め先が給与から住民税分を差し引いて、本人の代わりに納付します。そのため、給与所得者は自分で住民税を納める必要がありません。

また、勤務先には特別徴収が義務付けられており、給与の額が少なくて住民税が差し引きできないなど、特別な理由がない限り、特別徴収を実施する必要があります。

住民税を納付する際の注意点

住民税を納付する際は、いくつか気を付けたいポイントがあります。ここでは、4つの注意点について解説します。

前年1月から12月までの所得に応じて決まる納税額を翌年納付する

住民税を納付する際、前年1月から12月までの1年間の所得に応じて決まる納税額を、翌年納付する点に注意が必要です。住民税の額は、前年1年間の所得に応じて決まるため、廃業や退職で収入が減ったとしても、減免されることはありません。納付できないということがないように、住民税の額を用意しておきましょう。

引越しをしても納付先は変わらない

引越しをしても、納付先の地方自治体が変わらない点にも、注意が必要です。住民税は、1月1日時点で住んでいた地方自治体に対して、納付の義務が生じます。そのため、年の途中で引越しをしたとしても、納付先は前の地方自治体のままです。

なお、個人事業主やフリーランスなどが所得税の確定申告をする場合、1月1日時点の住所は、確定申告書 第一表の以下の欄に記入します。一方、給与所得者が引越しをする場合は、勤務先での手続きが必要です。

確定申告書 第一表の1月1日時点の住所記入欄

国税庁「所得税の確定申告新規タブで開く

勤務先を退職する場合は残額の納付方法を検討する

給与所得者が勤務先を退職する場合、住民税の残額の納付方法を検討する必要があります。住民税は前年の所得を基に計算されるため、勤務先を退職しても、納付の義務はなくなりません。

そのため、給与所得者が退職する場合は、以下のいずれかの方法で、1年間の住民税の残額を納付します。

特別徴収の対象者が退職する場合の納付方法

  • 給与や賞与から一括で特別徴収して納付する
  • 転職先の企業で特別徴収を継続する
  • 普通徴収で納付する

海外へ引越しをする際は残額をすべて納付する

海外に引越しをする際は、引越しの前に、住民税の残額をすべて納付しなければなりません。一方、海外から日本に戻ってくる場合は、1月1日時点の居住地が日本国外であれば、その年の住民税は非課税になります。

住民税の額を抑える方法

所得が多くなればなるほど、住民税の額も大きくなります。自営業者やフリーランスは、給与所得者よりも、年によって所得金額が上下しやすいため、前年の1年だけ所得が多くなると、翌年は住民税の負担が重くなります。そのため、賢く制度を活用して住民税の負担を抑えることが重要です。

ここでは、住民税の額を抑える2つの方法について解説します。

所得控除を受ける

住民税の額を抑える方法として、所得控除を受けることが挙げられます。所得控除は、税金の計算をする際に、所得金額から一定の金額を差し引く制度です。住民税の計算においては、基礎控除や扶養控除、生命保険料控除の他、医療費控除、社会保険料控除など14種類があります。所得控除額が大きくなることで、結果として課税所得金額が小さくなり、住民税の負担軽減につながります。

税額控除を受ける

税額控除を受けることも、住民税の額を抑える方法の1つです。税額控除は、住民税の額から一定の金額を直接差し引く制度です。住民税の計算においては、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)や外国税額控除、配当控除の他、ふるさと納税を含む寄附金税額控除などを差し引くことができます。税額控除額が大きくなれば、その金額分、住民税の負担が軽くなります。

住民税を計算して適切に納付しよう

住民税は、前年の所得や控除を基に、自分でもおおよその額を計算することができます。個人事業主やフリーランスの場合、確定申告で決定した課税所得を基に住民税の額が算出されるため、正しく確定申告をすることが重要です。

確定申告をする場合には正確な帳簿付けが必要となるため、「やよいの青色申告 オンライン」や「やよいの白色申告 オンライン」の利用がおすすめです。確定申告業務の負担軽減に、ぜひご活用ください。

確定申告ソフトなら、簿記や会計の知識がなくても確定申告が可能

確定申告ソフトを使うことで、簿記や会計の知識がなくても確定申告ができます。

今すぐに始められて、初心者でも簡単に使えるクラウド確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」とクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」から主な機能をご紹介します。

やよいの白色申告 オンライン」はずっと無料ですべての機能が使用でき、「やよいの青色申告 オンライン」は初年度無料、かつ無料期間中でもすべての機能が使用できますので、どちらも気軽にお試しいただけます。

初心者にもわかりやすいシンプルなデザイン

初心者にもわかりやすいシンプルなデザインで、迷うことなく操作できます。日付や金額などを入力するだけで、確定申告に必要な書類が作成可能です。

取引データの自動取込・自動仕訳で入力の手間を大幅に削減

銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホで撮影したデータを取り込めば、AIが自動で仕訳を行います。入力の手間と時間が大幅に削減できます。

確定申告書類を自動作成。e-Tax対応で最大65万円の青色申告特別控除もスムースに

画面の案内に沿って入力していくだけで、確定申告書等の提出用書類が自動作成されます。青色申告特別控除の最高65万円/55万円の要件を満たした資料の用意も簡単です。インターネットを使って直接申告するe-Tax(電子申告)にも対応し、最大65万円の青色申告特別控除もスムースに受けられます。

自動集計されるレポートで経営状態がリアルタイムに把握できる

日々の取引データを入力しておくだけで、レポートが自動で集計されます。確定申告の時期にならなくても、事業に利益が出ているのかリアルタイムで確認できますので、経営状況を把握して早めの判断を下すことができるようになります。

この記事の監修者岡本匡史(税理士)

岡本匡史税理士事務所新規タブで開く」の代表税理士。
1979年和歌山県生まれ。滋賀県立膳所高校、横浜国立大学経営学部卒業。城南信用金庫、公認会計士事務所勤務を経て、2012年に豊島区池袋にて岡本匡史税理士事務所を設立。
低価格で手厚いサポートを行うことを目標としており、特に開業前~開業5年目の法人・個人事業主の税務会計が得意。
毎年、市販の確定申告本や雑誌の監修にも携わっている。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら