電子帳簿保存法あんしんガイド 2022年からすべての事業者に義務化も! いま、中小企業にも「電子帳簿保存法」への対応が求められています 2022年1月1日からの改正内容について徹底解説! ゼロから電子帳簿保存法がわかる! 中小企業の対応のポイントもこれでバッチリ!

お知らせ

  • 2021年12月10日 NEW
    【重要なお知らせ】電子取引による取引情報の電子保存義務化を2年猶予する方針が示されました(令和4年度与党税制大綱)。詳しくはインフォメーションをご覧ください。
  • 2021年12月10日 NEW
    「電子帳簿保存法あんしんガイド」を公開しました

電子帳簿保存法について詳しく知る

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法の対象となる帳簿書類とは何か、まずは全体像を理解しましょう。

徹底解説!
令和3年度改正のポイント

令和3年度の改正のポイントをまとめました。今回の改正内容はすべての事業者にとって必見です!

これでバッチリ!
令和3年度改正「一問一答」

電子帳簿保存法をさらに理解しやすくするため、よくある質問を一問一答形式でご紹介します。

帳簿書類の電磁的記録による
保存への対応

国税関係帳簿および国税関係書類の電磁的記録の保存について、詳しく解説します。

スキャナ保存制度への対応

書類を電子データに変換して保存する「スキャナ保存制度」について、詳しく解説します。

電子取引の保存要件への対応

電子メールなどの「電子取引」で授受したデータの保存について、詳しく解説します。

2022(令和4)年1月1日より施行の法令に基づく情報です。
今後公布される法令等に従い、内容を変更する場合がありますので、ご了承ください。

証憑管理サービスを2022年春にリリースします

弥生は、電子帳簿保存法に基づいて証憑を保存・管理できる新たなサービスを2022年春を目途にリリースします。その後も段階的に機能拡張を予定しています。詳細については追って本サイトなどでご案内してまいります。

電子帳簿保存法にしっかり対応 受領した証憑も、自社発行した証憑の控えも、アップロードして安心・安全に保存! プレビュー画面を見ながら必要な情報をかんたん・手軽に入力! 電子帳簿保存法に求められる検索要件やタイムスタンプ付与にも対応! さらに便利に機能拡張* 弥生製品※1から発行・送信される請求書(控え)の自動保存・管理 アップロード時のOCR対応による文字情報の自動読み取り 会計・申告製品※2への仕訳連携など *各種機能の提供時期については随時お知らせしてまいります。
  • ※1
    対象製品は弥生販売およびMisocaです。
  • ※2
    対象製品はデスクトップアプリ(弥生会計、やよいの青色申告)、クラウドアプリ(弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン、やよいの白色申告 オンライン)です。