2020/02/20更新 確定申告のやり方は?基本的な流れとポイントを紹介

監修:
税理士法人 MIRAI合同会計事務所

2020年2月27日、国税庁より確定申告期限の1か月延長が発表されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から2019年分申告所得税(及び復興特別所得税)、個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が、2020年(令和2年)4月16日(木)まで延長となります。
併せて、所得税の青色申告承認申請書や個人事業の開廃業等届出など、2020年(令和2年)2月27日から2020年(令和2年)4月15日までの間に提出期限・納付をすべき、個人が行うものについても2020年(令和2年)4月16日(木)まで延長されました。

所得税の申告期限・納付期限
2020年2月17日(月)~2020年4月16日(木)
消費税の申告期限・納付期限
2020年1月6日(月)~2020年4月16日(木)
  • 2020年4月6日(月)、国税庁より新型コロナウイルスの影響により申告することが困難な方については、4月17日(金)以降であっても申告書を受け付けることが発表されました。期限が延長される申告・納付、申請等の手続、されないものの詳細につきましては国税庁ホームページ 新規ウィンドウで開くでご確認ください。

個人事業主なら、毎年一度必ず行わなければならない確定申告。「初めての確定申告で、どう進めればいいのか不安」という人もいれば、「何回かやっているけれど、スムーズに進める方法を知りたい」という人もいるのではないでしょうか。
確定申告をスムーズに行うには、段取り良く進めていくことが大切です。ここでは、確定申告の基本的な流れと、そのやり方についてご紹介します。

確定申告の基本的な流れ

所得税の確定申告とは、所得(売上から経費を差し引いた儲け)にかかる税金を計算し、国(税務署)に納めるべき税額を報告する手続きのこと。計算期間は1月1日~12月31日までの1年間で、翌年の2月16日~3月15日のあいだに、税務署に申告書類を提出して行うのが原則です。期限日が土日や祝日の場合は、休日明けの平日が期限となります。
確定申告の進め方は、およそ下記の5つのステップに分けられます。

1. 必要な書類・環境を整える

確定申告をスムーズに進めたければ、まずは「提出しなければいけない書類にはどんなものがあるのか」「提出するためにはどんな環境や物が必要なのか」を確認し、揃えておくことから始めましょう。
確定申告で必要となる書類や環境は、次のとおりです。

必ず提出する書類

確定申告書

確定申告書にはA様式とB様式があり、所得の種類によってどちらを使うかが決まります。会社員や年金所得者、一時所得だけの人はA・Bどちらを使ってもかまいませんが、個人事業主をはじめとする事業所得を得ている人はB様式になります。
国税庁のウェブサイト 新規ウィンドウで開くからダウンロードできるほか、税務署や確定申告会場、市区町村の担当窓口などでも入手可能です。確定申告ソフトを利用したり、国税庁のウェブサイト「確定申告書等作成コーナー 新規ウィンドウで開く」を使って作成したりすることもできます。

収支内訳書/青色申告決算書

収支内訳書や青色申告決算書は、確定申告書といっしょに提出する書類です。白色申告の場合は収支内訳書、青色申告の場合は青色申告決算書となり、確定申告書と同様、国税庁のウェブサイト 新規ウィンドウで開くや税務署などで入手できます。確定申告ソフトや「確定申告書等作成コーナー」を使って作成することもできます。

申告書の作成に必要なもの

はんこ

はんこは、確定申告書と収支内訳書/青色申告決算書に捺印するのに使います。

口座情報

源泉徴収等ですでに納めた税金が本来納めるべき税金の額を上回っている場合、確定申告を行うことで、払いすぎた税金の還付を受けられます。還付を受けるには、確定申告書に還付される税金の受取口座を記載する必要があります。

帳簿、領収書・レシート

確定申告書や収支内訳書/青色申告決算書は、1年間の取引を記録した帳簿を見て作成します。領収書や受領書は、帳簿の内容確認に使います。社会保険や生命保険の控除を受けるためには、控除証明書が必要です。控除証明書については、この後で解説します。

必要に応じて提出するもの

源泉徴収票

会社員やアルバイトとして給与をもらっている場合、会社がその人に対して支払った給与などの総支払額と支払った所得税の額が書かれた、源泉徴収票が勤務先から発行されます。
本業または副業で給与所得者として働いている場合は、確定申告書といっしょに提出します。

医療費控除の明細書

1月1日~12月31日に支払った医療費が原則として10万円を超えている場合は、この明細書を出すことで医療費の控除を受けることができます。医療控除の明細書は、国税庁のウェブサイト 新規ウィンドウで開くからダウンロードできます。

社会保険料控除証明書、寄附金受領証明書など

医療費と同様、社会保険料や生命保険料、地震保険料、寄附金なども、それぞれの証明書を提出することで控除を受けることができます。

提出時に必要なもの

マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード、マイナンバーが掲載されている住民票の写しなど

確定申告の書類一式を税務署に直接持参した場合は、マイナンバーカードかマイナンバーがわかる書類および身分証の提示が必要です。郵送する場合は、写しを添付する必要があります。

マイナンバーカードとICカードリーダーライター(インターネット申告のe-Taxで提出する場合)

e-Taxを使って確定申告を行う場合は、「書類を作ったのは確かに本人である」と証明するために、マイナンバーカードをICカードリーダーライターで読み込んで、電子証明を取得する必要があります。
マイナンバーカードは、交付申請を行ってから通常1か月ほどで届く交付通知書を市町村役場に持参して受け取ります。ICカードリーダーライターは、家電量販店などで2,000~3,000円ほどで販売されています。

2. 帳簿を整理する

帳簿とは、売上や仕入のほか、交通費や通信費といった経費、借入れなど、毎日のお金の流れを記録したもの。すべての事業者は日々の取引を帳簿に記録し、帳簿と領収書などの関連書類を一定期間保存することが義務づけられています。確定申告書や収支内訳書、青色申告決算書はすべて帳簿にもとづいて作成することから、帳簿については普段からしっかりつけておくことが大切です。

帳簿をつける際は、まず請求書や領収書、受領書、クレジットカードの明細などを集めて、その内容をもれなく記載していくのが基本です。毎日記帳するのが理想ですが、難しければ1週間に1度など、まとめて行ってもかまいません。それ以上空いてしまうと、忘れたり領収書をなくしたりして記載があやふやになりがちなため、長くても1か月に1度はまとめて記帳するのがおすすめです。

帳簿の記帳方式は、白色申告と青色申告のどちらを行うかで決まります。白色申告であればお小遣い帳を書くのと同じ「単式簿記」形式、青色申告であれば、1つの取引についてお金の動きとその原因の2つの側面を記載する記帳方式である「複式簿記」となります。ただし、青色申告でも最大65万円の特別控除が不要の場合は、現金出納帳や売・買掛帳、経費帳などを記載する単式簿記でかまいません。その場合は、特別控除額は最大10万円になります。

なお、帳簿の様式に決まりはなく、手書きでもExcelでも何でもかまいませんが、手間を極力省きたいなら確定申告ソフトを利用するのが一番です。例えば、「やよいの青色申告 オンライン」の機能「かんたん取引入力」なら、簿記の知識がなくても家計簿感覚で取引内容を入力するだけで青色申告に必要な複式簿記の帳簿づけができます。さらに「スマート取引取込」を使えば、クレジットカードや口座を連携して自動的にデータを取り込んでくれるので、記帳の手間が大幅に省けます。複式簿記の知識がなくても、簡単な操作で複式簿記形式の帳簿をつけることが可能です。

3. 確定申告書類を作成する

1年分の帳簿がしっかりつけられ、社会保険料控除証明書や寄附金受領証明書といった書類も揃ったら、帳簿と書類を見ながら提出書類を作成していきます。作成には、大きく分けて4つの方法があります。

手書きと手計算で自分で作成する

確定申告書等の作成は、帳簿を見ながら項目ごとに集計を行い、その数字を転記していく作業なので、電卓や表計算ソフトを使っても集計・作成することができます。しかし、数字の転記ミスや複雑な計算は時間もかかりますし、間違いやすいのでおすすめはできません。

確定申告ソフトを使って自分で作成する

確定申告ソフトで帳簿付けをしている場合、そのまま簡単な操作で確定申告用の書類を作ることができます。転記の際に間違えたり項目がずれたりすることもないですし、普段からしっかり帳簿を付けていれば、時間もかかりません。

税理士に頼む

確定申告に関わる事務を、すべて税理士に頼むことも可能です。専門家への依頼は非常に心強いですが、ネックになるのはその依頼料です。依頼料は、売上規模と記帳代行を含むか否かで決まり、例えば年間売上が500万円以上1,000万円未満の場合、記帳を自分で行うと7万円から、記帳代行までお願いすると15万円からが1年分の確定申告を依頼する相場といわれています。

確定申告書等作成コーナーを利用する

確定申告書等作成コーナー 新規ウィンドウで開く」は、国税庁が提供しているウェブサイトで、画面の案内に従って金額等を入力していけば、確定申告書等を作成することができます。
やり方としては自分で一から作る場合と同じで、帳簿を見ながら項目ごとに集計を行い、その数字を入力していきます。各項目には解説がついており、用語の意味などがわからなければすぐに参照して調べられるので一から自分で作成するよりは簡単ですが、手間自体はあまり変わりません。帳簿の作成や、各種控除額の計算はすべて自分で行う必要があります。

4. 確定申告書などを提出する

確定申告書と収支内訳書/青色申告決算書の作成が終わり、必要な添付書類も揃ったら、いよいよ税務署への提出です。
提出方法は、「税務署に直接持参する」ほか、「e-Taxを利用する」「郵便または信書便で税務署へ郵送する」「税務署の時間外収集箱へ投函する」の4つがあります。

提出した後で間違いに気づいたときは?

確定申告の書類を提出した後で間違いに気づき、出し直したい場合は、提出期間内であればそのまま新しいものを出し直せば問題ありません。確定申告では「期間内の最後に出した確定申告書が、その年の申告書として扱われる」というルールがあり、訂正したものを出せば自動的に新しいものがその年の申告書になります。
すでに提出期間を過ぎてしまっている場合、支払うべき税額を実際により多く申告していたなら「更正の請求」を出し、少なく申告していたなら「修正申告」を行って、内容を修正することになります。
更正の請求が認められた場合は払いすぎた現金が還付され、修正申告を行った場合は、修正申告書を提出した日のうちに残りの税金を納付するのがルールです。

5. 納税する

確定申告書等の提出が終われば、後は確定申告の期間内に納めるべき税金の額を納付すれば確定申告手続きは終了となります。所得税は3月15日、消費税は3月31日が納付の期限日です。期限日が休日の場合は、休日明けの平日が期限日となります。納付方法は、次の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

所得税の納付方法

ダイレクト納付

e-Tax上で操作し、預貯金口座からの振替で納付をする、ダイレクト納付をすることができます。e-Taxで確定申告を行っており、ダイレクト納付利用届出書を提出している場合のみ利用可能です。

インターネットバンキング等を利用

e-Taxで確定申告を行っている場合は、インターネットバンキング等を利用した納付が可能です。

クレジットカード納付

専用のウェブサイト「国税クレジットカードお支払サイト 新規ウィンドウで開く」を通じて、クレジットカード納付をすることができます。

コンビニ納付

コンビニエンスストアでQRコードまたはバーコードを使って、所得税を納付することもできます。

  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
振替納付

納税者名義の預金口座からの口座引き落としで、所得税を納付することができます。利用するには、2019年分の所得税及び復興特別所得税は2020年3月16日、2019年分の消費税及び地方消費税は2020年3月31日までに税務署および預金口座のある金融機関の窓口に依頼書を提出する必要があります。2020年の期限日が3月16日なのは、3月15日が日曜日で休日だからです。口座引き落とし日は、年ごとに国税庁が発表する日(確定申告の場合は4月20日前後)となり、この日に引き落としができなかった場合は法定納期限の翌日から延滞税がかかります。

還付申告だった場合は?

源泉徴収等で、すでに納めた税金が本来納めるべき税金の額を上回っている場合、確定申告を行うことで払いすぎた税金の還付を受けられますが、この申告を「還付申告」といいます。
還付申告の場合は、原則2月16日~3月15日という確定申告の提出期間に縛られず、翌年の1月1日以降であればいつでも申告が可能です。還付金が還付される目安は、e-Taxで申告した場合は3週間前後、2~3月の混み合う時期に提出した場合は1か月~1か月半ほどで、申告書に記載した金融機関の口座に振り込まれます。

確定申告ソフトなら簿記や会計の知識がなくても確定申告できる

確定申告ソフトを使うことで、簿記や会計の知識がなくても確定申告することができます。

今すぐに始められて、初心者でもかんたんに使えるクラウド確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」とクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」から主な機能をご紹介します。

やよいの白色申告 オンライン」はずっと無料ですべての機能が使用でき、「やよいの青色申告 オンライン」は初年度無料で使い始められて無料期間中もすべての機能が使用できますので、どちらも気軽にお試しいただけます。

初心者にもわかりやすいシンプルで迷わず使えるデザイン

初心者にもわかりやすいシンプルなデザインで迷わず使うことができます。日付や金額などを入力するだけで、確定申告に必要な書類が作成できます。

取引データの自動取込・自動仕訳で入力の手間を大幅に削減

銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホで撮影したデータを取り込めば、AIが自動で仕訳を行います。これにより入力の手間と時間が大幅に削減できます。

確定申告の提出書類が自動作成。青色申告特別控除の最大65万円控除に対応

画面の案内に沿って入力していくだけで、確定申告書などの提出用書類が自動作成されます。青色申告特別控除の最大65万円の要件を満たした資料も作成できます。用紙を印刷することなくインターネットを使って直接申告するe-Taxにも対応しています。

自動集計されるレポートで経営状態がリアルタイムに把握できる

日々の取引データを入力しておくだけで、レポートが自動で集計されます。確定申告の時期にならなくても、事業に儲けが出ているのかリアルタイムで確認できますので、経営状況を把握して早めの判断を下すことができるようになります。

監修 税理士法人 MIRAI合同会計事務所

四谷と国分寺にオフィスのある税理士法人。税理士、社会保険労務士、行政書士等が在籍し確定申告の様々なご相談に対応可能。開業、法人設立の実績多数。
「知りたい!」を最優先に、一緒に問題点を紐解き未来に向けた会計をご提案。